企業のMBAを持っている人への評価は?

MBAの重要性とはどれほどのものなのか?MBA取得のメリットとは? - MBAはどのような種類があるのか

MBAはどのような種類があるのか

MBAには種類があります。大きく分けて二つになるのですが、どちらを取るかは自分のやりたいこと次第になるのですが、そもそもどういった違いがあるのかご存知でしょうか。今からMBAを取得しようと思っている人には是非読んでおいて欲しい所です。

MBAとEMBA

MBAは一般的に知られるものです。これは実務経験が最低2年あれば受けることができるのです。初歩的なものから学ぶことができるので、基礎から学ぶことができたり、時間のない人でも大学のようにじっくりと学ぶことができます。一方EMBAと呼ばれる方は、Executive MBAと呼ばれており、こちらは実務経験が10年以上、さらにマネージャーの経験が5年以上あるといったかなりの経験がないと受けることはできません。しかしこちらは一からではなく、基礎を知っていて当然、というところから始まり、最初から実践や応用から授業が始まることがほとんどです。また、基本的なMBAの知識なども知っておく必要があるので、実務経験があれば誰でも受けることができるという訳ではありません。EMBAの方を持っていると、一流企業でも一目置かれる存在にはなれますが、実際に働き、その中で経験を積んでからのスキルアップとなります。一般的にはMBAを受けることが普通となっているようです。
MBAもEMBAも基礎は同じです。まずはMBAの取得から始めましょう。MBAを持っている人は企業的にも重宝してもらえますし、持っていると転職を考えている時も大きな武器となります。また、新たな職の可能性を得ることもできますので、自信向上にも繋がります。最近では企業派遣としてもMBAの習得を推している企業もありますので、MBAの取得のためにまずは就職と言う人も珍しくはありません。企業側としても、MBAの取得がしたいという積極的な人を採用したい、人材育成の考えがあるのかもしれません。

関連する記事