企業のMBAを持っている人への評価は?

MBAの重要性とはどれほどのものなのか?MBA取得のメリットとは? - MBAは海外と国内、どちらで取る方が有利?

MBAは海外と国内、どちらで取る方が有利?

MBAは、日本でも海外でも取得することができますが、就職するときにはどちらの方が有利になるのでしょうか。予算が組めなかったり、個人的な理由で海外に行くことができないという人もいるでしょう。基本的には、どちらで取得したとしても資格の内容には変わりありませんし、資格を取得できた、という事実には変わりません。この記事では、「どちらにしようか」と悩んでいる人へ、メリットやデメリットを交えつつMBA取得の参考にしてほしいものです。

MBAは日本と海外、どちらが有利?

結論から言ってしまうと、海外の方が有利だと考えていいでしょう。その理由としては、海外で取得する方が資格取得のために勉強する学問以外にもさまざまなスキルを得ることができるからです。しかし、すべてにおいて海外での習得が良いとは言い切れません。人に向き不向きがあるように、MBAの取得にも、自分のポテンシャル次第では海外留学が失敗に終わるということもあります。
海外留学をすることで、MBAを取得するための知識や教養以外にも、ビジネスに必要な語学や他人とコミュニケーションを取るスキル、さらには海外のビジネス現場を生で間近で見ることができるという経験は日本ではできません。その点を見てみると、やはり国内で取得するよりも海外で取得した方がネームバリューもあるというようです。
しかし、海外留学にはデメリットもあります。一つは、海外に留学する金銭の問題が大きいでしょう。海外でMBAを取得できる大学は多数ありますが、どこに留学するにしても、数百万円という予算がかかります。そのため、「誰でも行ける」ということは言うことができません。ほかにも、海外で取得しても、企業側のリアクションが薄いということも考えられます。「せっかく海外で取得したのに…」となることもありますので、自分が就職したい企業なども全て考えてから取得の順序を考える事をお勧めします。

関連する記事